日本赤十字社 香川県赤十字血液センター

Japanese Red Cross Society

文字サイズ
文字サイズ : 小
文字サイズ : 中
文字サイズ : 大

献血について

献血前のお願い

「お願い」の用紙は各献血会場で献血前にお渡ししています。
献血基準に関することや、採血に伴う副作用などについて記載していますので、必ずお読みください。

献血していただいた血液は、輸血や分画製剤として、患者さんに治療に用いられます。
患者さんが安心して輸血を受けられるように安全な献血をお願いします。

以下に該当する方は献血をご遠慮ください。

  • 渡航歴について
    • (a)海外から帰国(入国)して4週間以内の方
    • (b)昭和55年(1980年)以降、ヨーロッパ・サウジアラビアに一定期間滞在された方(国名・期間等は受付におたずねください)
    • (c)下記のいずれかに該当し、中南米諸国(メキシコを含むがカリブ海諸国は除く)を離れてから6ヵ月以上経過していない方(6ヵ月以上経過している方は職員へお申し出ください。)
      1. 中南米諸国で生まれた,または育った
      2. 母親または母方の祖母が中南米諸国で生まれた,または育った
      3. 中南米諸国に連続して4週間以上滞在,または居住したことがある
  • この3日間に出血を伴う歯科治療(抜歯・歯石除去等)を受けられた方
  • 輸血や臓器の移植を受けたことがある方
  • ヒト由来プラセンタ注射薬を使用したことがある方
  • エイズ検査が目的の方
  • この6ヶ月以内に下記に該当することがある方
    • (a)不特定の異性または新たな異性との性的接触があった
    • (b)男性どうしの性的接触があった
    • (c)麻薬、覚せい剤を使用した
    • (d)上記(a)~(b)に該当する人と性的接触をもった
  • 梅毒、C型肝炎、マラリア、シャーガス病注)にかかったことがある方

注)シャーガス病は中南米地域においてサシガメ(昆虫)が媒介する感染症です。
中南米居住歴のある方は検診医にお申し出ください。

※上記に該当されない方でも、検診医の判断で献血をご遠慮していただくことがあります。
※医薬品を服用されている方は、必ず検診医にお申し出ください。

献血いただく前に

  • お名前、生年月日、住所、電話番号等は正確にお書きください。
  • ご本人の確認のため、運転免許証などの提示をお願いします。
  • 問診項目には正確にお答えください。プライバシーは厳守いたします。
  • 献血いただく方の健康を守るために、事前に血圧や血液の濃さ(血液比重またはヘモグロビン量)を測定します。
  • 献血後に高所作業や激しいスポーツ、自動車の運転等をされる方は献血前にお知らせください
    (特に乗り物の運転をされる方は、献血後に十分な休憩(30分以上)を取っていただきます。)
  • 献血後の副作用(気分が悪くなる等)の予防のため、献血前に水分(スポーツドリンク等)を補給してください。

献血時は

  • 200mL・400mL献血では10分から15分程度、成分献血では40分から90分程度の採血時間がかかります。
  • 採血針や採血バッグなどは、お一人ずつ使い捨てとなっています。
  • 針を刺したときの痛みがいつまでも続いたり、強い痛みがある場合、すぐに看護師、医師等にお知らせください。
  • 万一、採血中や採血後に気分不良やめまい、皮下出血などが起こった場合は、我慢をせず、すぐに看護師や医師らにお知らせください。
    • 献血後の副作用発生率は気分不良、吐き気、めまい、失神などが0.9%、失神に伴う転倒が0.008%、皮下出血が約0.2%、神経損傷(しびれ、運動障害など)が約0.01%です(平成22年度)。
    • 採血針を刺した箇所に針跡が残ることがあります。
  • 献血時の、LEG CROSS(レッグクロス)運動 (下肢筋緊張運動)にご協力ください。

献血後は

  • 採血終了後も、十分に水分(スポーツドリンク等)を補給し、10分以上休憩してください。

献血いただいた血液は

  • 次の検査を実施し、すべてが輸血に適すると判断された場合のみ輸血に使用します。
    • 血液型(ABO型、Rh型)、不規則抗体、梅毒、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、エイズウイルス(HIV)、ヒトT細胞白血病ウイルス-1型(HTLV-1)、ヒトパルボウイルスB19、ALT(肝機能)等
  • 必要により、赤血球、白血球型(HLA型)、血小板型、血漿蛋白の遺伝子検査の検査を実施することがあります。
    なお、その他の遺伝子検査が必要な場合はあらかじめご本人の承諾を得て行います。
  • 献血いただいた血液の一部は、輸血副作用・感染症などの調査のために少なくとも11年間冷凍保管しています。
  • ごくまれに献血いただいた血液が採血装置などの不具合・不良により輸血に使用できなくなることがあります。
  • 献血いただいた血液は、血液製剤の有効性・安全性の向上と検査法の向上のための研究や、安全な輸血のための検査試薬の製造など、輸血用以外の目的に有効活用させていただくことがあります。

ご協力ください

  • 輸血を受けた患者さんについて、感染症などの報告があった場合、輸血医療の安全性向上と献血された方ご自身の健康管理のため、検査用血液の採血を再度お願いする場合があります。
  • 献血された方に「輸血を受けられる患者さんのために」という印刷物をお渡しします。
ピコメールクラブ(複数回献血クラブ)
ピコメールクラブとは?
新規会員登録はこちら